ドンパチと

morthotel.com

 

「醇浩」が情報を流すぞ、と脅している以上、世間に公表きれることを前提としている。その期待に応えたのが、紛れもなく『週刊新潮」だったことになる。これが彼の言う〃東京〃の〃あるところ〃だったのだろう。それならば、『赤旗』での登場は予定外の行動だったのだろうか。彼ら夫婦の、創価学会をキズつけようとするならば、敵の敵なら〃高く″売り込めるだろう、という動物的感覚が働いていたのかもしれない。しかし、そんな単純な話ではなさそうだ。「醇浩」が本部を脅迫していた、同じ十二月に開かれた、一つの〃忘年会〃が問題を解くカギになるという見方が出てきている。当時、まだ、共産党・参院議員の秘書だった人物が、大学の同期だった「山崎」に誘われて、これに出席している。参加者は、他に「日顕宗」の坊主、『週刊新潮』の記者たちだったという。その直後の『赤旗」に、匿名の「信子」の記事が載り、それからわずか二カ月後には、『週刊新潮』での〃手記″発表という段取りとなる。その席に出席していた〃新潮〃記者が担当した、と言われている。彼は、北海道の〃白山ざん名誉段損事件″にもかかわった人物というから、忘年会はそのまま、反学会攻撃の謀議の席であったことは、ますます濃厚となるだろう。

(三)症状は重篤で、物心ついてからこのかた消えたことがない。目立たないかもしれないが、重大な支障が出ている。それでもなお、必ずしもADDとは断定できないこれまで説明してきた条件は、ADDの必要条件ではあるが、十分条件ではない。診断を下すには、他の可能性を除外する必要がある。まず、他の神経学的、まず、他の神経学的、心理的、あるいは身体的な障害や疾患で、ADDと似た症状の出るものを除外しなければならない。その他に、育った家庭や、環境が原因になっていないかどうかもチェックしなくてはならない。たとえば、荒れた家庭や虐待の多い家庭で育った人、精神障害やアルコール依存の親に育てられた人などは、ADDと似た症状を示すことがある。ただし、この種のケースは判断が難しい。荒廃家庭で育っているが、同時に生まれつきADDだったという可能性もあるし、親自身が未診断のADDだったせいで家庭環境が荒れていたということもあるので、専門家に詳しく調べてもらう必要がある。

やってみられます?ただ健康な人の足と、冷たく癌(うず)いている病人の足では、どんなことになるか想像ができませんから、ちょっとでも具合の悪いことがあったら、すぐやめて下さいね」私はなんの確信もないまま、少しでも温めてあげられるのならば、ちょっとでも痛みを和らげられるのならば、という一念でお貸ししたのでした。その後、やはり心配になり、様子をみにお訪ねしようと思っていた三日目、くだんのご主人が、「おかげさんで、とても具合がいいといって喜んでいます。夜も一度もおこされず、さすってやることものうなって大助かりです」といって入ってこられたのです。しかし、痛みが和らいだ分だけ、癌の進行が早まるならば、意味がありません。ご主人にその辺の事情を説明し、「暖かくしてあげたいという思いつきなのですから、早め、早めに診察だけは受けておいて下さいね」と念をおしましたが、ご主人は「あの安らいだ寝顔を見ていると、悪くなっていくとは考えられません」といいつつも「承知しました」といって帰っていかと、悪く全れました。

このとき内藤と山崎が対立しているとはいえ、人脈は非常に近い。内藤にしても当てずっぽうで山崎のその発言について語ったわけではないだろう。内藤は「民主政治を考える会」の金の流れについて述べ、国会議員にまかれた「絶縁宣言」は仲 第章闇にうごめく銭ゲバ間内の金をめぐっての争いが原因だとして、つぎのように述べている。内藤。俺はもう、山友とはもう、コリゴリなんだから。とにかく、あんた、そのチラシで何億円かの金を自民党からせしめて、そして、その金を山分け、何人かでして、そいでいま、ケンカしてるんだよ、その連中が。浜中。。内藤。え-、え-。け山分けしようが、俺は知ったこっちゃないわけだ。白川を一時期は追及したよ、「いくら渡したのか」と。だけど、所詮、そういうことを表にできないのが裏金だから、俺はわかそいで、表でちゃんとハデにケンカして決着つけるなら勝手だし、誰がどうやってどれだそいで、表一って、「もう勝手にしろ」と、「バカャロー」と、俺は白川にも大バカ呼ばわりしたよ。

 
ホーム RSS購読 サイトマップ